オンライン決済サービス

STICPAYの利用法

投稿日:

世界中の広い範囲で利用できるオンライン決済サービスであるSTICPAYは、日本語に完全対応しています。

利用するためにはまず口座開設をする必要がありますが、必要な情報の入力とSMS認証によっておよそ3分程度で完了します。

そして解説の申請のみであればこれだけで十分ですが、実際に使用するためには本人確認書類を送付する必要があります。

パスポートや運転免許証を画像ファイルにして送信し、審査の上で認められると口座の形になります。

得たお金をSTICPAYから受けとる際は、海外から送金されるのではなく、日本国内にある提携銀行からとなります。そのため低い手数料が実現され、半日から1日という短時間での手続きが可能となっています。

主にヨーロッパを中心にして展開していて、EU加盟国であれば全て日本での出勤が可能です。その他にも東南アジアなどの地域にある国もいくつか対象となっていますが、アメリカは例外なので注意が必要です。

またSTICPAYは出金と同様に入金も可能で、手数料や日数もほぼ同様です。

ただ出金と比べると対応できる国の数は少なく、随時追加される予定となっています。

入金をする場合は、クレジットカードや電子マネーなど主に海外で使用されている方法が利用できます。

日数は方法で数分から数日単位で異なり、手数料も多くは1%ですが上昇することもあります。

基本的には手続き期間の短さの代わりに手数料が高くなると考えておいて良いかもしれません。

出金の場合は入金よりも手数料が高くなりがちで、数分で完了する方法もありません。

基本的には1日以上待つ必要があるため、余裕を持った行動が求められます。また方法次第では1日当たりの上限が設けられていることがあるので注意が必要です。

数あるオンライン決済サービスの中では珍しく、STICPAYではカードが用意されている点も特徴です。

プリペイド式のカードで、ATMでの入出金や支払いに使用できます。サービスをより身近に使用できるアイテムですが、発行時に手数料以外の料金が必要となったり、長期的な維持にも利用料が掛かってきます。

なので確かなメリットを感じられる人が利用すると良いです。

またSTICPAYでは稀に取り扱い数の増加などの原因によって、国内銀行での入出金やカードの発行ができない期間を設けられる場合があります。

なので必要ならばカードの発行はできるだけ早めに、入出金は余裕を持って行なうようにしましょう。

-オンライン決済サービス

Top

Copyright© オンラインギャンブルで稼ぐ!攻略サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.