ゲームのルール

ルーレットのルール

投稿日:

オンラインカジノのルーレットは、アメリカンとフレンチの2種類があります。

アメリカンは「0」と「00」を含めると数字は38個、フレンチの方は「0」を含めて37個の数字が用意されており、どちらも「1」から「36」まで賭けることが可能です。

オンラインカジノで取り扱われることが多いのはアメリカンですが、基本ルールに変化はないため気にしなくていいでしょう。

オンラインカジノのルーレットの賭け方には、大きく分けてインサイドベットとアウトサイドベットの2種類があります。

アウトサイドベットですが、数字の外側に賭ける方法として使われている言葉で、倍率がやや低めで当たる確率が高いのが特徴です。

ルーレットの盤面の右にある空白に置くのがコラムという手法で、左にある12個の数字のどれかを予想することになり、当たれば配当は3倍もらえます。

「1」から「12」、「13」から「24」の数字が出ている枠の下にある空白に賭けるのをダズンと言い、当選すれば同じく配当は3倍です。

また、赤と黒のどっちが当たるかを狙ったり偶数か奇数を当てたり、「1」から「18」と「19」から「36」のロウかハイを予想したりすることもできます。こちらの方は当選確率が2分の1と最も当てやすいことから、配当は2倍に設定されています。

次にルーレットのインサイドベットを説明します。

チップを置く盤面には「0」から「36」までの数字が見えますが、その中から1つだけ選んで賭けることをストレートアップと言い、当てることができれば賭けた額の36倍がもらえます。

一番左に見える「0」と「00」も勿論選ぶことができます。

倍率が高めになっているのは、的中率が最も低いためです。

「18」と「21」のように2つの数字に賭けたい場合は、並んでいる数字の間にある白い線の上にチップを置きます。

この賭け方をスプリットと言って、上手く当てれば配当は18倍です。「10」から「12」、「21」から「19」のように3つ並んでいる数字にベットするのをストリート、またはトリプルと言います。

横に並んでいる数字の端か賭けたいところの中央の線に置くのがルールで、当てれば12倍の報酬がもらえます。

4つの数字にベットすることをコーナーと言い、ベットしたい数字の中央にチップを置くのが基本的なやり方です。配当は9倍となっているので、賭け方の一つとして利用する人はそれなりにいます。

6つの数字にベットするのは配当6倍のラインで、賭けたいところの下の端にチップを置きます。

あと、アメリカンタイプのルーレット限定ですが、5つの数字にベットするファイブナンバーも選べます。「0」と「1」、「1」から「12」の線が交わる部分にチップを置き、狙い通りにいけば配当は7倍です。

カジノの女王ともいわれているルーレットをぜひとも楽しんでみてください。

-ゲームのルール

Top

Copyright© オンラインギャンブルで稼ぐ!攻略サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.