オンラインギャンブルガイド

日本と海外のペイアウト率の違い

投稿日:

海外のオンラインカジノと日本のギャンブルを比較した場合、最も違いがあるのがペイアウト率です。

元々ギャンブルは、胴元である運営者が儲かる仕組みになっています。

運営者が儲からなければ、オンラインカジノなら新サービスの開発やサーバーなどの設備を用意できません。

競馬なら騎手や馬主に支払う賞金も出せませんし、競馬場などの運営も難しくなるでしょう。

そのため売り上げの一部を運営者が受け取り、残りの金額を参加したプレイヤーで奪い合うわけです。

しかし売り上げの一部が運営者の手元に入る仕組みは同じでも、その割合には大きな差があります。

運営者の取り分が少なくなればなるほど、プレイヤーに還元される金額は大きくなるので、ゲームに勝利したり的中したときの払い戻しが増えます。

ギャンブルで利益を出すためには、ペイアウト率が高ければ高いほど儲ける金額が大きくなり有利です。

海外のオンラインカジノのペイアウト率は、94%から98%とされています。

一方で日本でメジャーな競馬は、馬券の種類によっても違いますが70%から80%です。

国民に馴染み深い宝くじだと、50%を下回る数値に設定されています。

つまり宝くじなら購入した金額の半分は主催者の儲けとなり、残りを的中者に分配される仕組みとなっています。

オンラインカジノはほぼ100%に近い数値に設定されていますから、運営者の取り分はわずかです。

そのため利用者に対して多くのお金が還元されているので、たとえば日本のギャンブルと同程度の勝率があると仮定すると、儲けられる金額は大きくなります。

儲けられる金額が大きくなれば、収支をプラスにするのも難しくなりません。

ペイアウト率の高いオンライカジノの多くは、投資として楽しむプレイヤーも海外にはいるほどです。

国内のギャンブルでは考えられない破格のペイアウト率は、日本人が海外のオンラインカジノを利用する動機の一つにもなっています。

ギャンブルをするなら、少しでも儲けを出したいと考えるのは当然です。

しかし国内のギャンブルでは、高い勝率を実現できても収支をプラスにするのは難しいでしょう。

ですが比べものにならないぐらい高い数値を実現しているギャンブルなら、儲けられる可能性は高いといえます。

さらにマカオやラスベガスなど、カジノの本場に行かないと楽しめないゲームを国内で楽しめる魅力もあります。

日本のギャンブルと海外のギャンブルはペイアウト率でみれば圧倒的な違いとなってみることが出来るので、儲けられるギャンブルをしたいなら、パソコンやスマートフォンで挑戦してみると良いでしょう。

-オンラインギャンブルガイド

Top

Copyright© オンラインギャンブルで稼ぐ!攻略サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.