ゲームのルール

ブラックジャックのルール

投稿日:

トランプゲームのブラックジャックは、オンラインカジノでもお馴染みのバカラやポーカーに引けを取らないゲームです。

基本ルールはとても簡単で、手元のカードの合計が「21」に近い方が勝ちというシンプルなゲームです。

ブラックジャックはプレイヤーとディーラーが直接的に勝負する、1対1のプレイスタイルが特徴ですが、ライブゲームでは複数のプレイヤーが席について同時進行します。

ルールを覚えるにはまず、このゲームにおけるカードの数え方を知っておく必要があります。

エースにあたる「A」のカードは、「1」としても「11」としても機能するもので、ゲーム進行中に有利な数字で解釈可能です。

「2」から「9」まではそのまま数えますが、「10」とそれ以外の「J」や「Q」と「K」は同じく「10」と解釈して数えます。

手元のカードや合計数のことをハンドと呼び、カードを1枚引くことをヒットといいます。

逆にカードを引かないことはスタンドというので、オンラインカジノで挑戦する前に、これらの基本的な用語を頭に入れておきましょう。

ゲームの進行でカードの合計が「22」を越えてしまったらバーストで負けです。
合計数が「21」丁度になった場合は、ゲームの名前でもある「ブラックジャック」でその時点でプレイヤーの勝ちが確定します。

ゲームの基本進行は、2枚ずつカードが配られた状態で始まり、カードを引いて「21」の合計数を目指していきます。

ディーラーは最初に2枚の内のいずれか1枚をオープンにするので、この1枚を参考にヒットかスタンド、つまりカードを引くか引かないかを選びます。

オンラインカジノにおいては、画面上でコインをベットエリアに置き、ディールを選択してカードを配ってもらいます。

画面にヒットかスタンドの選択肢が現れますから、いずれかを選択してゲームを進行しましょう。

ヒットやスタンドが終わるとディーラーのカードがオープンになり、プレイヤーと合計数で勝負するわけです。

ディーラーは合計数が「17」を越えるまでカードを引くルールなので、「17」を越えた時点でプレイヤーが上回っていればプレイヤーの勝利です。

プレイヤーがもし「21」を越えてしまった時は、ブラックジャックではなくバーストで負けが確定します。

オンラインカジノにはもう1つ、ダブルダウンというベットを2倍にして1枚カードを引く選択肢があります。

ディーラーがオープンしたカードの数字が小さく、自分のカードの合計数に自信がある場合に、大きなリターンが狙える手です。

他にも、ディーラーのオープンカードがAの時にのみ使える保険のインシュアランスや、手元が同じカードの場合にゲームを2つに分けるスプリットもあります。

自信がない時にゲームを降りるサレンダーも覚えておくと、ゲームの楽しみ方が大きくなります。

-ゲームのルール

Top

Copyright© オンラインギャンブルで稼ぐ!攻略サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.