素晴らしき出会いに!

出会いが人々にもたらすもの!

海外旅行は出会いの宝庫

海外旅行は非日常の体験が豊富です。

 

特に女性の一人旅は、出会いの宝庫ともいえるのではないでしょうか。

 

出会いの場所は様々で、飛行機、バス、ホテルなど、時と場所を選ばず出会いがあるものです。その中でも、旅のはじまりとなる飛行機出の出会いは、その旅自体を変えてしまうことがあります。

 

海外の男性は非常に積極的です。

 

「好き」とまではいかなくとも、「気になる」の段階で女性にアプローチしてくる男性もいます。そのため、長時間の飛行機の途中、たとえば隣に座っている女性が魅力的に見えれば、アプローチしてきます。

 

同じ飛行機に乗っている以上、その目的地は同じか近いハズです。

 

男女といわず誰しもが、共通の話題を持っていると、お互いに親近感がわき、話しやすくなります、こうして、飛行機で仲良くなった男女は、旅行先で行動を共にするパターンが多いです。

 

旅行とは非日常的なものです。

 

そのため、旅行先で起こるあらゆることが自分にとって新鮮で刺激的です。そんな刺激的な毎日に、飛行機で知り合った男性が隣にいたら、その男性があまりにも好みではなかった…という場合を除いては、恋に落ちやすくなります。

 

しかし、2人でいたその時間は非日常な時間です。

 

現実世界でも続いていくかと言ったら、保証はできません。

ネットで出会った大切な彼女

ネットでの出会いというと、何だかいかがわしい印象もあって、奇異の目で見られてしまうことも少なくありません。でも、ネットだろうがお見合いだろうが友人の紹介だろうが何だろうが、ひとりの男性と女性が運命の巡りあいを果たして結ばれることに変わりはないはずです。

 

私が今、お付き合いしている彼女とは、ネットで出会いました。SNSを通じて仲良くなり、そのまま連絡先を交換してメールなどのやりとりをしているうちに、お互い本当に一緒にいたくなったのです。

 

ふたりの間にそういう話が出てすぐ、私は彼女のもとへ会いに行きました。離れた場所に住んでいるふたりだったので、新幹線を使った長時間の移動を余儀なくされましたが、これから会えると思うと胸が高鳴り、あっという間に新幹線は目的駅に到着しました。

 

改札近くで待っていてくれた彼女から零れ落ちた微笑みと、あの瞬間に感じた強い幸福感を私は今でもしっかりと覚えています。それを機に、私たちは正式に交際をスタートさせました。いわゆる遠距離ですが、心はいつでも強固につながっています。

 

来年の桜の花が咲くころ、私は彼女を改めて迎えに行くつもりです。ご両親に許しをいただき、結婚しようと考えています。

 

出会い系で出会っても、何一つ恥ずかしく思う必要はないと確信しました。
人生はあっという間です。出会いのチャンスを出会い系だからNGだと決め付けていたら、素敵な出会いなど出来ないと思っています。

 

出会うきっかけがあくまでも出会い系サイトというだけで、友人の紹介や合コンなどと何も変わらないと思っています。それが出会い系サイトではなく、ナンパであっても今の私だったら、否定しないでしょう。どんなに些細なきっかけも出会いのチャンスと考えている私には、すべての出会いが運命的なものだと感じているからです。

 

大袈裟かもしれませんが、同性愛の人たちがネットで出会うことだって大賛成します。この前ネットで見かけたゲイの人のサイトを読んだら、鬼気迫る思いで出会いをいつも探していると言うのです。ゲイ体験談のようなサイトをみれば、彼らがどれだけ出会いを求めているのか気付くことができます。
ゲイの人たちの出会いと比べたら、男女の出会いなど本当に簡単なものだと思います。恥ずかしさや周囲の目を気にする必要はまったくありません。

 

今回結婚までたどり着くことができて、本当に私は幸せ者だと思います。出会い系で彼女と出会うことができて、本当に感謝しております。彼女のことを一生大切にしたいと思っています。

 

ネットの出会い、出会い系などに偏見を持つ人に最後に伝えたいことがあります。
周りの目を気にすることなく、自分の目でその真偽を確かめてみるといいと思います。

人生を変えた競馬との出会い

「あなたの、そして私の夢が走っています」

 

この名フレーズは、昭和52年の有馬記念で発せられたもので、名解説者として知られる杉本清さんの口から出たものです。

 

杉本さん自身、このレースは印象深いものであったと言っています。

 

当時3強といわれたテンポイント、トウショウボーイ、グリーングラスについて「この3頭は力以外の要素に左右されない真の実力をもった馬たち」「このレースは有馬記念史上最高の名勝負だった」と評価しています。

 

テンポイントとトウショウボーイの競り合いに、杉本さんは「実況していて4コーナーでは鳥肌が立ったほど」と述べ、テンポイントの勝利を「中山の直線を流星が走りました」という言葉で称賛しています。

 

競馬との出会いでほんとに人生が明るく、充実した日々を過ごさせてもらっています。周りからは競馬なんて・・・そう言われるかもしれませんが、自分からすれば、人生に無くてはならないものだと感じています。

 

今の女房以上に競馬との出会いは運命的だったのかもしれません。

 

今は夢を買うつもりで競馬予想当たるドットコムを眺めています。ここには多くの予想に関するヒントが書かれているからです。

 

出会いって人を大きく成長させると言いますが、競馬とこのサイトを知ったお陰で人生に張りが出来たのは言うまでもありません。


ホーム サイトマップ